« 追突事故 | トップページ | ドリル研削 »

2007年7月 7日 (土)

三菱のワイヤーカット機BA8

今週の水曜日にモニター機のBA8が旅立ちました。

3月22日に入ってくる為に材料置き場を片付けて、スペースを確保しました。

Dscn0718 Dscn0719

搬入の時に機械への配線を菱電工機の人が出来ないので、普段から世話になっている電気屋さんに電話して、配線してもらうハプニングがあったけど、何とか据付出来ました。

Dscn0729 Dscn0730

初日は機械のレベル出しと運転出来る状態まで持って行き終了でした。

次の日にもう一度機械のレベル出しのチェックをし操作説明。その後テスト加工して終了。で、また別の日にメンテナンスの説明。

最初に加工しようとプログラムを作ったが、ファナック用のNCデータの為、編集作業が大変です。それをなくす為にカナデンさんの配慮で三菱用のCAD/CAM借りる。何とか加工出来る様になったので、色々と作ってみる。

最初にステンレスの社内用治具を加工。

メッチャ精度 ええやんかぁ~ (涙)

他の部品も加工してみる。

やっぱり精度 ええやんかぁ~ (嬉泣)

段差の加工も断線無く加工。

この時点で、かなり気に入ってる!!

その後は仕事が止まってしまい、加工するものが無くなる。 (残念)

搬出日7月4日の前に仕事動き出す。結局稼働時間100時間程度。(残念)

オリジナルレポート

気に入ったところ 形状精度良い 加工条件も鉄だけだったが良い メンテナンスが大分楽に感じた

検討して欲しいところ 操作系 加工中にリセットボタン押せないのはツライ 中断点と開始点の位置を覚えていて欲しい Z軸もリミットして欲しい ダイヤルを取り付ける場所を変えるか付け易くして欲しい その他もろもろ 

設計の人も営業の人も加工技術の人も前向きに考えてくれそうな感じで、今後に期待です。

今日はインテックス大阪まで「どてらい市」に行って来ました。モニター機が居てた(笑)

マシニング用のバイスを注文して前に買った測定顕微鏡の分とで景品を貰った。

何か目が疲れてきたので、今日はこれにて・・・

|

« 追突事故 | トップページ | ドリル研削 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 追突事故 | トップページ | ドリル研削 »