« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月24日 (水)

プライベートショーに行って来ました(第二弾!三菱電機編)

6月12日(金)に弟と二人で尼崎の三菱電機さんへ行って来ました。

前日に南港へ行ってるので、二日連続の展示会です。まぁ~暇な時には丁度良いですね。

で、内容ですが、最初に行くのはワイヤーカット放電加工機のブース。展示機種は超高精度加工機のPAが1台、高精度加工機のNAが1200と2400の2台。それと、BAがありました。個人的にはNAを観たくて行ったのですが、かなり良く出来ている機械だと思いました。実際に使ってないので詳しくは解りませんが、気になるのはボールネジを辞めた所です。新しくリニア使用にしたのですが、技術の方からは金型の加工に非常に有効のようで、まー坊の所の様に部品がメインの所にはボールネジタイプのBAが良いと進められましたが、3面昇降式の加工槽は非常に便利でしょうし、サーマルバーターシステムと言う機械の温度変化を防ぐ為の水循環システムなども気になる仕様ですね。

今回はΦ0.5の孔への自動結線を実演していましたが、順調に結線をしていました。(担当の方は、かなり微調整したんじゃぁ~無いのでしょうか?笑)

今の景気では設備投資出来る余裕が無いですが、是非とも使ってみたい機種ですね。それまでに、チェンジして欲しいところが何点かはありますが・・・。

次にOKKのグラファイト加工機を観ました。形彫放電の電極にグラファイトを使用する事が増えてきているそうで、鋳物から新しく作った機種の様です。その後に高速細穴放電加工機を観ましたが、ロボットとNCによる自動運転が可能の様で、詳細は解りませんが、かなりの加工が出来る様であれば、かなり売れるでしょう。

その後、お昼を御馳走になり、CAD/CAMを観て終わりになりましたが、懐かしい方達との再会もあり、とっても楽しい1日でした。

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

プライベートショーに行って来ました。

6月11日は南港にて、ファナックさんとミツトヨさんに行きました。

ファナックさんは、ワイヤーカット放電加工機と30番テーパーのマシニングセンターを見ました。

ワイヤーでは、加工した溝の中への結線の確立が格段に良くなってました。その他にはタッチパネルにしてたりUSBでのデータのやり取り、ワイヤーテンション系加工槽の水位系にサーボモーターを使用して制御しているそうです。

マシニングはアルミの高速池形状加工やS-C材のフェースミル加工のビデオが上映されてましたが、凄い早さでした。寸法が出てるのかな?と思う内容でしたが、30番って事を考えるとビックリでした。

その後、お隣のミツトヨさんへ行き、表面粗さ測定器を見に行きました。

最近の仕事内容でチョクチョク言われ出してるので、参考の為に直接聞きに行きました。

標準価格で一番安い機種で100万円位から最高機種になると1000万円オーバーまであり、機種の選定が難しいなぁ~と思いました。

その後、三次元測定器も同じ部屋に在ったので見せてもらいましたが、こちらも凄い金額でした。将来的には居るのでしょうかねぇ~?

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »