« ファナック ロボカットα-0C 修理 NO1 | トップページ | 表札第二弾!! »

2009年9月 8日 (火)

ファナック ロボカットα-0C 修理NO2

Dscn2006_2 Dscn2038  Dscn2037

こんにちわ、まー坊です。修理ネタの続きです。

最初の写真は放電が終わって使用出来なくなった電極線を回収箱に送る時に通る樹脂性パイプ部品です。暫く稼動していなかったからか?洗浄液に漬け過ぎたのか?組立時に折れてしまいました。(泣) 次は注意しないと。

2枚目の写真は上下のダイスガイド(ワイヤー線をシッカリ保持?する部品)を着ける為のベースブロックです。購入すると結構な金額になるので、残材で自作しました。精度的にはソコソコ出てましたので、使用に際して特に問題は無いかと思います。

3枚目の写真は加工槽の中のスラッジをかなり取った後の写真ですが、まだ汚いですね。スラッジを取る時に機械の電源を入れ忘れていたので、機械原点を忘れてしまいました。(ファナックは基本的には原点を覚えてるのですが、強い衝撃等で位置が動くとアラームを出す様にしています)初歩的なミスでした。

|

« ファナック ロボカットα-0C 修理 NO1 | トップページ | 表札第二弾!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ファナック ロボカットα-0C 修理 NO1 | トップページ | 表札第二弾!! »