« ファナック ロボカットα-0C 修理NO2 | トップページ | ホワイトメタルのワイヤー放電加工 »

2009年9月11日 (金)

表札第二弾!!

Dscn2007 Dscn2013_2 Dscn2024 Dscn2068

こんばんわ。まー坊です。

表札シリーズ第二弾。前回はワイヤーカット加工で製作しましたが、今回はマシニングセンターにて製作しました。

最初の写真は、SUS304HL(ステンレス材の一種でヘアーライン仕様です)加工前の材料です。失敗が在るかも知れないので数枚買いました。3-200-200の大きさです。

2枚目の写真はCAMMAGICにてデータを作成しているところです。(文字のソフトが入ってないので苦労しましたが、漢字は希望の文字に似せる事ができましたが、ローマ字は難しかったので変更させて貰いました。)

3枚目の写真は機械で加工途中を撮影しました。頑張って削ってます。(機械が)

今回の刃物は最小径がΦ1.0深さ1.5。最大径がΦ3.0深さ1.5。最高回転数の14000回転を使った最初の加工です。今までは12000回転位まででした。

4枚目の写真が加工完成品です。バリやカエリの処理を済ませて、綺麗に洗浄して跡は梱包したら発送です。この加工がどれ位の出来かは解りませんが、これを機に次はゴルフバッグのネームプレート(ゴルフ場で紛失した。)を製作しようと思いますので、完成したら写真を載せたいと思います。

|

« ファナック ロボカットα-0C 修理NO2 | トップページ | ホワイトメタルのワイヤー放電加工 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ファナック ロボカットα-0C 修理NO2 | トップページ | ホワイトメタルのワイヤー放電加工 »