« ちびまるこちゃん 今日はハッピーな気分だよ♪♪ | トップページ | 建徳製 研削盤の修理 »

2009年10月31日 (土)

汎用旋盤で作ってみました

Dscn2243 Dscn2242_2

Dscn2235 Dscn2236

Dscn2234

こんにちは、まー坊です。

今回の加工ネタは汎用旋盤で作った電極とそのホルダーです。

1枚目の写真は社内に在った素材です。(多分SS材と思われます)

2枚目の写真は素材を加工して出来上がったホルダーです。

加工内容は以下の通りです。

1、外径の片側を形彫放電のチャックで掴むのにΦ20にする必要が在るので端面と外径を削りました。

2、もう一方に電極を挿入するので、内径を加工します。電極の外径がΦ18.2在るのですが、素材がΦ22なので片側2mm程です。内径の加工は初めてなので怖かったので(経験なしと、加工時の切子で状態が解り辛い)浅めに仕上げました。

3番目の写真は銅タングステンの素材です。(Φ18.2)

4番目の写真は放電代を見込みΦ10.0より少しマイナスさせた銅タングステンです。

5番目の写真は銅タンをホルダーに差し込んでネジ止めした写真です。

これで形彫放電出来ます。

汎用旋盤は数回触った事が在るくらいで、操作方法も全て知らないのですが凄く楽しかったです。これからもっと練習です。ただ、残念ながらねじ切り機能が付いてないのです。

|

« ちびまるこちゃん 今日はハッピーな気分だよ♪♪ | トップページ | 建徳製 研削盤の修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちびまるこちゃん 今日はハッピーな気分だよ♪♪ | トップページ | 建徳製 研削盤の修理 »